太宰府への行き方

太宰府は、福岡県太宰府市になります。

隣接する市町村には 筑紫野市、大野城市、糟屋郡宇美町などがあります。

観光名所や史跡が多く、

太宰府天満宮、九州国立博物館、太宰府政庁跡、観世音寺、水城跡、国分寺、竈門神社、宝満山、四王寺山、榎寺などがあります。

政庁があったこともあり、太宰府は昔から文化や人の交流が多かった場所です。

これら観光名所や史跡は、主に太宰府の東側にあります。

太宰府市役所や西鉄太宰府駅・都府楼前駅の周りに多いということです。

東側は 宝満山や四王寺山があり やや内陸的・盆地的なイメージはあります。

西鉄電車、JR、車、バスを使った太宰府への行き方を紹介。

入り口は西鉄太宰府駅

福岡県には南北を縦断する電車があります。西日本鉄道です。

100万都市である福岡市中心部から衛星都市である春日市・大野城市・太宰府市・筑紫野市を通り、その後さらに小郡市・久留米市・柳川市・大牟田市へと続きます。

西鉄太宰府駅は、筑紫野市の駅である西鉄二日市駅から枝分かれしている路線です。

太宰府線ともいいます。

ただ太宰府線は、西鉄二日市→五条→太宰府駅と駅が少ししかありませんので、二日市からはさほど遠くない距離になります。

西日本鉄道(西鉄)は非常に利便性の高い路線で、普通電車の他に、急行電車、特急電車があります。

JRとは違い 急行電車や特急電車に乗っても 別途料金はかかりません。

西鉄二日市駅は、急行も特急も停車する駅なので、西鉄を使えば二日市までもさほど時間がかかることなく行くことができます。

JR

JRを使う場合、JR二日市駅やJR都府楼南駅が最寄りの駅です。

太宰府東側とは少し離れていますので、JR二日市駅からは 徒歩で西鉄二日市駅へ、またJR都府楼南駅からは、徒歩もしくは市営バス まほろば号に乗れば、天満宮や政庁跡の方へ行くことができます。

車なら太宰府インターチェンジ

大宰府は 車で行く場合もかなりアクセスはしやすい場所です。

高速道路に 大宰府インターチェンジがあるからです。

太宰府インターチェンジを降りると 国道3号線に合流し 大宰府中心部までは5分から10分ぐらいと考えていいでしょう。

また太宰府インターチェンジ横には、福岡都市高速の水城インターチェンジもあります。

西九州方面や福岡市方面からなら 単純に都市高速の水城インターチェンジで降りれば 同じく5分から10分くらいで 太宰府市中心部へいくことができます。

駐車場も太宰府駅周辺にそれなりに用意されています。

だだし先程紹介しましたように、太宰府はやや内陸的・盆地的なところがあります。

なので中心部のほうになると、車線は片側1車線で車も多くなり 時期や時間帯によってはやや渋滞気味になることがあります。

土日は 渋滞になりやすいので注意が必要です。

特に観光客が多い 12月31日から1月末までは、大渋滞になることもあります。

大渋滞時はもちろん太宰府駅周辺の駐車場は空きが全くない状態になっています。

車でのアクセスは便利ですが 時期や時間帯にはやや注意が必要であるといえます。

博多駅・空港⇔太宰府 直行バス

博多駅と福岡空港から太宰府までの直行バスも始まりました。

直行バスの経路は以下のようになっています。

  • 博多駅(博多バスターミナル 13番のりば)
  • 福岡空港(福岡空港国際線ターミナル 1階2番のりば)
  • 大宰府政庁跡
  • 太宰府市役所
  • 西鉄太宰府駅

福岡空港からは都市高速を経由して向かいます。なので時間もそれほどかかることはありません。博多駅→太宰府で40分ほどです。

博多駅や福岡空港は、西鉄の路線から少し離れているので、バスを利用した方が太宰府へは早くスムーズに行くことができるでしょう。

博多駅・空港から行くことはもちろん、帰りも太宰府から博多駅・空港への直行便はあります。

運行本数は 1時間に1本ほど、運賃は博多駅→太宰府で600円、空港→太宰府は500円です。